胡蝶蘭の通販専門サイトのサービスもかなり進化

花ギフトの場合は、ラッピングも大事ですね例をあげると、ラッピングを赤にすると豪華な印象になるし、落ち着いたうす紫のラッピングはお盆や法事にも利用できます。評判の良いフラワーギフトの通販店は、ほとんどが、色を選べるラッピングサービスを無料で行っています。

胡蝶蘭にそえる立札なども、価格に含まれている通販ショップが増えています。

開店祝いや開業祝で贈る花と言えばコチョウランですが、個人的にお祝いするなら一万円~三万円程度が相場です。

インターネットが身近になった近年、ウェブサイトを活用する方も多くなり、胡蝶蘭の通販専門サイトのサービスもかなり進化しました。東南アジアで19世紀に発見された胡蝶蘭は、明治の時代に国内に持ち込まれたそうです。まるで蝶々の様な美しい花ビラを持つところから、それを見た人が胡蝶蘭という名前を付けたそうですが、綺麗さだけでなく花言葉(幸運を運んでくる)も喜ばれる要因なんです。
育て方も知っておいたほうが良い胡蝶蘭ですが、寒い所が苦手なのは、認識しておきましょう。元々の原産地は東南アジアの暑い地域ですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、実は、太陽の光が直接当たるのもよくありません。15度~20度前後が適切な温度で、置き場所は風通しも考慮してあげないといけません。

水やりは頻繁にする必要はなく、胡蝶蘭の根元の表面が乾燥してきたらコップ1杯程度水やりして下さい。通販の花の贈り物を利用するなら、やっぱり、生産農家から直接届けてもらえる、栽培農家直送の通販店を選ぶようにしましょう。

どうして産地直送がオススメかというと、流通ルートである卸市場を経由しないため、花の鮮度がとても良いことと、流通ルートが少なくなることでコストが削減され、値段が安くなることが挙げられます。

胡蝶蘭の通販も同じで、栽培している農家さんからの産地直送が一番です。

胡蝶蘭を贈るのは、出店祝いや結婚式だけでなく、お悔やみの場に贈るなんてケースもあります。

「純粋な愛」を花言葉に持つコチョウランって、辛い心を癒してくれるとされていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。胡蝶蘭が広まるきっかけは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、神秘的で美しい優美なビジュアルが、もっと綺麗な欄を探す事になり、現代コチョウランを発見する事に繋がりました。
お祝いに贈る花として胡蝶蘭が人気なのは訳があります。ひとつ言えば、蝶が舞い降りたような美しさ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日持ちの良さも挙げられます。普通に贈られる花ギフトであれば、直ぐにしおれてしまい日持ちしませんし、そういった意味でも、数か月咲き続ける胡蝶蘭は喜ばれるわけです。門出や祝いのシーンに選ぶフラワーギフトは、コチョウランをチョイスする方が圧倒的に多いのです。

スマホで簡単にネットが使える現代では、花の贈り物の通信販売も、近頃ではスマホだけで全て注文を完結することが出来ます。それに加えて、キメ細かい対応をしてくれるので、メッセージやラッピングなど細かな点まで無料で行ってくれるのです。

配達についてもそうで、国内スピード配達や、ケースによっては当日にお届けするなんて事も出来ちゃいます。

花ギフト通販も随分と身近になりましたね。

気になる胡蝶蘭(コチョウラン)の価格ですが、 贈るシーンや、相手先との人間関係によって違ってきます。

気軽なプレゼントであれば数千円の安いものでも良いですし、会社関係であればミディやミニでなく大倫などの立派なコチョウラン(コチョウラン)が必要です。

どちらにしても、胡蝶蘭の値段が花屋より安いのがネット販売で、物によっては相場の半額以下で注文出来たりします。

通販では中間流通を省いたお店が人気で、生産農家から消費者へ直接発送してくれるからです。

病院に入院している知人の見舞いとして、 心を温かくしてあげる意味で、お花を贈るのは良いのですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。
お見舞いに胡蝶蘭を贈りたいなら、鉢植えでなく、ブーケなどにアレンジして、鉢植えの状態で贈らないようにしないといけません。

タブーとされるこの事を理解していれば、ニオイや花粉の量が微々たる胡蝶ランは、入院している人の心を癒す最高のお花だと言えます。

フラワーギフトは素敵ですが、贈られる側のシチュエーションに沿った花言葉のものを選ぶことで、贈られた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来ます。

ひとつ例を挙げると、美しく高級なイメージの胡蝶蘭はよく門出などで贈られますが、胡蝶蘭全種に共通する花言葉(幸せを運んでくる)のほか、色彩ごとに個別の花言葉を持っています。
一例として胡蝶ランを挙げましたが、贈られる側のシーンに合わせて花ことばを添えることで、心のこもった贈り物になることは間違いありません。胡蝶蘭のお手入れ方法ですが、そんなに難しいことはありません。お水をあげるのは1週間に一回くらいで済みますし、花が散ってからの植え替え方法も簡単です。
しかし、厳しい寒さには強くないので、人が快適だと感じる程度の温度を保ってあげましょう。あと、直射日光もダメなので、置き場所は選んであげましょう。もっと詳しく>>>>>胡蝶蘭の値段が安い通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です