こちょう蘭を贈るというのは祝いのシーンだけでなくお悔やみのシーンでも

花ギフトでこちょう蘭を贈るというのは、祝いのシーンだけでなく、お悔やみのシーンでも見られます。

コチョウランの花言葉には「純粋な愛(反対語は「無関心」だそうです。憎しみもまた愛の一つだという説もあります)」という意味もあって、辛い心を癒してくれるとされていて、お供えやお悔やみのシーンでもよく見られる光景だそうです。

世界に胡蝶蘭が広まる歴史の始まりは、お金もちや貴族の間で18世紀のヨーロッパで起きた欄ブームが始まりで、高貴で美しい花を咲かせる様子が、いろんな品種を捜すきっかけになって、胡蝶蘭の原種を発見する事になったわけです。携帯でネットが出来るようになった昨今では、花ギフトの通販も、近頃ではスマホだけですべて注文を完結することが出来るのです。

しかも、いろんなサービスも充実していて、メッセージカードの内容や包装まで無料で行ってくれるでしょう。配送やお届けについても言えることで、全国スピード配送や条件を満たせば、当日配達にも対応しているお店がたくさんあります。花を贈るのも随分と便利になりましたね。

胡蝶ランを送る際は、花を包む包装も大事です。

いくつか例を挙げると、ラッピングをピンク色にするとキュートな印象になりますし、薄紫のラッピングなら落ち着いた印象で法要やお彼岸でも使えます。

評判の良いフラワーギフトの通販店は、ほとんどが、花に合わせたラッピングカラーを選べるサービスが無料です。

胡蝶蘭を送る時の立札なども、無料で行ってくれる通販店が多くなっています。フラワーギフトは素敵ですが、贈られる人のシチュエーションに合ったフラワー言葉のものをチョイスすると、花を贈られた人の感激も一層深まるというものです。

たとえば、美しく高級なイメージの胡蝶蘭はよく門出などで贈られますが、胡蝶ラン共通のフラワー言葉、「純粋な愛(反対語は「無関心」だそうです。憎しみもまた愛の一つだという説もあります)」「幸せを運んでくる」のほかにも、色彩ごとに個別の花言葉を持っています。胡蝶蘭に限った話ではありませんが、相手側のシチュエーションに合った意味を持たせることで、単に花を贈るというだけでなく、より強い想いが伝わるはずです。

胡蝶蘭が花ギフトとして選ばれるのは理由があります。

ひとつは、蝶の羽に由来する名前通りの華やかさ、さらに、胡蝶蘭の持つ花言葉や長もちすることも理由の一つです。普通に贈られる花ギフトであれば、数日でしおれてしまったりして日もちしませんし、これらのことを踏まえると、1ヶ月から2か月も日もちする胡蝶蘭が人気なのです。

大事な人やビジネスシーンで贈る花ギフトは、胡蝶蘭をチョイスする方が圧倒的に多いのです。出店祝いや開店祝いに贈る定番と言えばコチョウランですが、自分個人で贈るなら10000円~30000円程度のものでOKです。

昨今、ウェブサイトを活用する方も多くなり、いろんなシーンに対応した胡蝶蘭通販ショップが人気でしょう。東南アジアで19世紀に発見された胡蝶蘭は、国内にもち込まれたのは、明治の頃の話です。

咲いた様がまるで蝶のように綺麗なことから、名前の由来が来ているのが胡蝶蘭ですが、綺麗さだけでなく花言葉(幸運を運んでくる)も喜ばれる要因なんです。通販のフラワーギフトを利用するなら、やっぱり、生産農家から直接届けてもらえる、栽培農家直送の通販店を選ぶようにしましょう。

どうして産地直送がオススメかというと、生産者から卸市場といった流通ルートを短縮できるので、花の鮮度がすごく良いことと、中間マージンが省かれ、価格が安くなることがその理由です。通販で胡蝶蘭を注文する時も同じで、栽培農家からの直送がおすすめです。

貰った胡蝶蘭の育て方に関してですが、そんなに難しいことはありません。水やりは頻繁にやらなくても良いし、鉢への植え替えの仕方も非常に楽ちんです。

しかしながら、厳しい寒さには強くないので、暖かい場所に置いてあげるようにしましょう。

アト、エアコンの吹き出し口も良くないので、置き場所は選んであげましょう。

続きはこちら⇒黒ずみケアクリームの最新ランキング@効果・実力で人気の№1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です